技術者,エンジニアのための独立・起業支援_LIFE PLANNING[ライフプランニング]

Vol.01お金のことを考えたりするのは、はしたないこと?

  • HOME »
  • Vol.01お金のことを考えたりするのは、はしたないこと?

わたしの年代の日本人は、子供のころから、お金のことを考えたりするのは、少し、はしたないことのように教育されてきました。特に、理工系、技術系の人たちは、なんとなく、こういったお金のことについては触れずに来たような気がします。もちろん、お金は大好き(笑)ですし、「どうやったら楽して儲かるか?」って、毎日考えたりしてはいるのですが。

わたしは、45歳のときに、ファイナンシャルプランナー(FP)という資格を取得しました。金融、資産運用など、なんとなく避けてきた世界を知りたくなったのです。結果的に、CFP(Certified Financial Planner)、および、1級ファイナンシャル・プランニング技能士という資格を取得することができました。いずれも、全科目一括合格の快挙(?)なのですが、その自慢話はまた後日にとって置くとして(顰蹙)、これから少し、お金のことや、税金、資産運用なんてことについてお話ししたいと思います。

「ものづくり工房WoobyStudio」は、実はこんなことも学べるのですよ・・。

手始めは、「税金」。我々が納税義務のある税金ってどんなものがあるでしょうか。「所得税」、「住民税」、「消費税」はその代表ですね。また、土地建物をお持ちの方は、「固定資産税」もあります。年齢によっては、「相続税」やそれに関連して、「贈与税」なんていうのもあります。それ以外に、日々の消費生活で知らずに払っている、「酒税」、「ガソリン税」等々、知らないうちに多くの税金を納税しています。特に、サラリーマンが実感するのが「所得税」ですね。所得税は、毎月の給与から、会社が控除(天引き)して、会社が税務署に納税しています。「所得税」は個人の「所得」に課税される税金で、会社は、個人の納税を代行しているわけです。会社は会社で、「法人税」を納税しなくてはなりません。「法人税」についてはもう少し後でお話ししたいと思います。

次回、「所得税」とそれに関連する、「住民税」について少し詳しくお話ししてみたいと思

◀ 技術系のための「お金」の話 トップへ 次の記事へ ▶
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
rabyyhp
WB-1
WB0
WS

WoobyStudio FBもチェック

PAGETOP
Copyright © LIFE PLANNING All Rights Reserved.