技術者,エンジニアのための独立・起業支援_LIFE PLANNING[ライフプランニング]

Vol.10 「ライフプラン」と「お金」の話

  • HOME »
  • Vol.10 「ライフプラン」と「お金」の話

サラリーマンのためのマネー講座(入門編)/「ライフプラン」と「お金」の話

さて、「サラリーマンのためのマネー講座(入門編)」も今回で10回目。ここで、初心に戻って、なぜ、お金のことについて知らなければならないのか、もう一度考えてみましょう。結論から言ってしまうと、私たちの生き方、つまり「ライフデザイン」や「ライフプラン」と深い関わりがあるのです。

*なぜ、「ライフプラン」?

 最近、「ライフプラン」とか「ライフデザイン」という言葉をよく聞きます。その意味は言葉通りのもので、人生設計とか、人生の計画、みたいなことを意味します。なぜ最近こういう言葉をよく聞くようになったのでしょう?それは、いままでの時代は、自分でこのようなことを深く考えたり計画したりしなくても、自分の親や先輩たちを見習ってそれと同じように生きていけばよかったのです。ところが近年、その状況が一変しました。就職、結婚、子育て、少子化、ペイオフ、増税、公的年金、高齢化社会・・・毎日これら多くの問題がマスコミで取り上げられています。いままでと同じ生き方ができなくなってくる可能性が浮上してきたのです。生活環境が変化し選択肢が増えた時代に、わたしたちは、自分で自分の人生を設計し、それに向けて準備していかなければならなくなってきたのです。

*「ライフプラン」とお金
 「お金のことばかり考える、卑しいやつ」そんなことを思ったことはありませんか?私たちは子供のころから、そんな教育を受けてきたような気がします。でも、お金が無ければ生きていけない、ということも事実ですし、日々私たちが精勤しているのもお金のためと言っても良いでしょう。企業自体もお金を儲けることを目的としています。わたしたちが、自分のライフプランを考えるとき、このお金の問題を抜きにすることはできません。もちろん、お金さえあればなんでもできる、というわけではありませんが、お金がなければ何もできないというのも事実でしょう。ライフデザイン、ライフプランを考えるとき、このお金の問題を同時にプランニングしていく必要があるのです。結婚資金、子供の教育資金、住宅購入の頭金、月々のローン返済、そして退職後の生活費、あるいは子供たちの結婚資金の補助、なんていう出費もあるかもしれません。「ライフプラン」を考えるとき、その前提となるのが、「ライフデザイン」です。「ライフデザイン」と言っても難しく考えることはありません。「自分は、この先、どんな生き方をしたいのか?」ということを始めは漠然とでもいいですから頭の中に描いてみましょう。

*ライフプラン」は「キャッシュフロー表」を作成すること

 「ライフプランニング」の実際は、「キャッシュフロー表」を作ることです。「キャッシュフロー表」は、時間経過とともに、ライフイベント、収入、支出、などを表形式で表したものです。これによって、将来の貯蓄残高、年間収支を把握し、無理の無い生活がおくれるかを試算します。住宅ローンは払いきれるか、子供の入学資金は準備できるか、等等、具体的な資金計画をたてていくのです。

◀ 前の記事へ 次の記事へ ▶
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
rabyyhp
WB-1
WB0
WS

WoobyStudio FBもチェック

PAGETOP
Copyright © LIFE PLANNING All Rights Reserved.