技術者,エンジニアのための独立・起業支援_LIFE PLANNING[ライフプランニング]

Vol.04 イヤっていうほど、ものづくり

  • HOME »
  • Vol.04 イヤっていうほど、ものづくり

 「履歴書」・・・「自分自身を見つめなおす」などというと、背中がカユクなったりしますが、要は、棚卸です。徹底的に自己分析をしてみました。これは案外難物です。なかなか、文書が進みませんでした。この年になると(何歳だぁ?)、それまでの自分を否定したりはなかなかできません。しかし、棚卸をするとなると、恥ずかしいことも認めなければなりません。
 「自分の経歴」、「成果」、「得意なこと」、「不得意なこと」、「やりたいこと」、「やりたくないこと」、「できること」、「できないこと」など、各項目を箇条書きで書いていきました。「どうせ、誰にも見せるものではないから」と割り切ることが大事です。特に重要なのが、「やりたいこと」です。

 「決意書」は、この、「やりたいこと」を実現させるための具体的な戦略書にしていかなければなりません。ですから、「やりたいこと」は時間をかけて、何度も何度も書き直していきます。

 余談になりますが、ある方の起業相談の際、「やりたいこと」について話していただきました。その相談者曰く、「地域のため・・、世のため・・、人のため・・、平和のため・・、儲けはいらない・・・。」という趣旨のことをおっしゃっていました。私は、「ホント?」と、心の中では思っておりましたが、そこはそれなりに、返答していた記憶があります。
 嘘、とは申しませんが、この相談者の方はまだ、自分に正直になれていなかったのではないかと思っています。まず第一に、「生活できるお金が稼げる」ことがあってしかるべきでしょう。あるいは、「大成功して大金持ちに・・・」かもしれません。「楽して稼げる」かもしれません。

 自分がやりたいこと、目指すところは正直に、かつ、明確にする必要があります。もちろん、これはその後で変わっていっても良いのです。その時、その時に何を目指すのか、何を目指したいのか、そこを明確にすることが重要です。これから組み立てていく、ベクトルの先をきめていかなければなりません。

 「決意書」のなかではこれが最も重要だと思います。それ以外のことは、この「やりたいこと」を実現するためのHow to になるわけです。How to を考えていく際に、「得意なこと」、「不得意なこと」、「できること」、「できないこと」が具体的な行動の指針になっていくわけです。

◀ 前の記事へ 次の記事へ ▶
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
rabyyhp
WB-1
WB0
WS

WoobyStudio FBもチェック

PAGETOP
Copyright © LIFE PLANNING All Rights Reserved.